• 電話でのお問い合わせ 03-5690-1106
  • mail
HOME > 私たちについて > 南 和友先生のコメント

南 和友先生のコメント

南先生の写真 左から南先生、ベッケンバウワー氏、ケルファー教授

欧米や、アジアの他の国々と比較しても日本の臓器移植の現状はいまだに低迷を続けています。その大きな問題は脳死に至った場合に臓器を提供したいと思う人の数があまりにも少ないからであります。臓器提供の数は100万人の人口に対してスペインが49人、アメリカ32人、ドイツ23人、韓国8人に対して日本は1.4人に過ぎません。
平成22年7月に改正臓器移植法が成立し、15歳未満のドナー提供とドナーカードの保持がない場合でも家族の同意で臓器提供が可能になったことは日本の臓器移植医療にとって一歩前進しました。しかし、日本ではタブー視すらされてきた “脳死とは?”いう問題を広い年齢層の多くの方々に理解をしていただく事なくして移植医療の進展はあり得ません。2010年5月にWHOで採択された指針/勧告では「臓器移植のドナーは自給自足―渡航移植の禁止」が表明され、中でも脳死臓器移植以外には助かることのできない心臓移植患者にとって一日も早い事態改善が切望されます。

プロフィール

  • 南先生の写真
  • 南 和友(みなみ・かずとも)

    北関東循環器病院 病院長

    1976年にドイツ デュッセルドルフ大学胸部血管外科へ留学し、ドイツで30年間心臓治療の第一線で活躍。心臓手術は約2万件、心臓移植は約1,500件の症例数を持つ、2004年からドイツ・ボッフム大学永代教授。2005年から日本大学医学部心臓血管外科教授。2010年4月から北関東循環器病院 病院長。
    「ハート to ハート・ジャパン」理事長。

著書のご紹介

  • 蘇活力 ~血流をコントロールして弱った身体をよみがえらせる

    67歳現役の日本№1心臓外科医が自ら実践する 病気知らずの健康習慣
    【大竹しのぶさん推薦!】
    先生はいつもお元気で、そして前向きです。この本を読むと、その理由がよく分かります。
    私も「いま、いきいき生きる」ために、今日から実行します!

  • 蘇活力
  • 日本の医療危機の真実~いまこそ求められる医療制度改革

    心臓外科のスーパードクター南和友と16人の医療スペシャリストが日本の医療危機の実態を抉り、改革の処方箋を用意!
    【三木谷浩史氏推薦!】
    日本の医療には大きなポテンシャルがある。
    いま必要なのは、改革に挑む勇気と行動力です。

  • 日本の医療危機の真実
  • 人は感動するたびに健康になる

    世界有数の心臓外科医が明かす人体の摂理
    【吉田沙保里選手推薦!】
    私が大舞台で緊張しない理由がわかりました。

  • 人は感動するたびに健康になる
  • 病気にならない歩き方

    世界一の日本人心臓外科医が教える病気に負けない身体のつくり方
    【各メディアで話題沸騰!】
    1日わずか20分!免疫力を高めるパワーウォーキング

  • 人は感動するたびに健康になる
  • 解病 〜病気から解放される生き方〜

    世界ナンバーワンの日本人心臓外科医が教える心臓をケアし、健康的で活力に満ちた人生を実現する方法!
    【さだまさし氏推薦!】
    私も南先生のファンの一人。患者さんと真摯に向かってきたからこそ語れる本当の健康法です。あらゆる世代の方々に読んでほしい。

  • 解病
  • 「増補新装版」こんな医療でいいですか?

    ドイツ在住30年に及ぶ日本人医師(心臓外科医)が、日本の医療に投げかける疑問。なぜ、患者は医者の説明に満足できないのか。なぜ、病院では多くの検査、薬が当たり前となっているのか。なぜ、問題のある医者が生まれるのか。更新されない医師免許の問題とは。なぜ、日本の医者は学会活動にばかり忙しいのか。なぜ、患者は専門医や病院のランキングに左右されるのか。

  • こんな医療でいいですか?

ページの先頭へ